※取り扱い地区が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

我が家のアプローチにグランドライトを取り入れませんか。

みなさま こんにちわ。
梅雨明けもし、急に暑くなったかと思ったら、

雨が降り気温が下がったりと不安定な天気が続いていますが、
体調を崩されたりしていませんか。

 

さて、今回はライトの話題です。
今回のライトは『エコルトグランドライト EA02003,02004,02005』です。
開発担当の寺田にも話を聞いていきましょう。

エコルトグランドライトEA02003.02004.02005

くわしくはこちら

前回もこのブログでも使用した、今年の展示会のメインシーンです。
こちらの足元にもエコルトグランドライトEA02003 73/[LED]青色が使用されています。
さて、今までのヘリオスグランドライトLED似たような形状です。
-----違いは何ですか。

 

 

(寺田)
一番大きな違いは、ヘリオスグランドライトはソーラー発電ライトで
エコルトグランドライトは配線が必要なライトになります。
今までヘリオスグランドライトでは、太陽が当たらない場所での施工が
難しかったのですがエコルトグランドライトでは設置場所での制約がなくなります。
配線が必要にはなりますが、12V照明のためランニングコストを抑えることが可能です。

ヘリオスグランドライトLEDグラス→くわしくはこちら

エコルトグランドライトEA02003.02004.02005くわしくはこちら

 

 

-----なるほど、それ以外に違いはありますか。


(寺田)
光り方明るさがちがいます。
ヘリオスグランドライトは拡散板を使用していないので、
LEDの小さな光できらめき感を表現しています。
対してエコルトグランドは拡散板を使用し、全面発光で均一な面発光を表現しています。
また、光量はエコルトグランドライトの方が多く、明るいです。


-----やはり、配線を行い設置することが大きいのですか。

 

 

(寺田)
そうですね。
配線施工になり光量が増えるます。それによって、面発光として全体での光らせ方が
可能になります。 また、他のガーデンライトのタイマーセンサと連動して駆動も可能です。
先にもお話しましたが、日のあたらない場所でも光が必要な場所に確実に点灯します。


-----明るさはどの程度なのですか。


(寺田)
あくまで、アプローチでの誘導灯が目的なので視認できる程度です。
何かを照射するという目的では使用できません。
照射目的で誤使用の場合は、エコルトグランドライトEA02001 62がお勧めです。
レンズ部分を稼動することが可能ですので照射角度を変えられます!

グランドライトですが、スポットライトとしての機能も持ち合わせています。

エコルトグランドライトEA02001 62
エコルトグランドライトEA02001 62

サンプルを並べて写真を撮りましたので比べてみてください。
エコルトグランドライトの明るさや面での発光がしていることがよくわかりますよ。

左側がヘリオスグランドライトLEDグラス、右側がエコルトグランドライトEA02005 74です。

左・ヘリオスグランドライトLEDグラス 右・エコルトグランドライト
左・ヘリオスグランドライトLEDグラス 右・エコルトグランドライト

なるほど、一目瞭然!

光り方がぜんぜん違うのがわかりますね。
ありがとうござました。

 

みなさまいかがですか。
方形のものだけでなく円形のものでも面で発光しますのでアプローチ入り口の
アクセントとしてご使用いただくと我が家の目印になりますよ。
ぜひ、ご検討下さい。

 

事業者様向けにエコルトの施工に関する動画をダウンロードして
ご覧いただくサービスを開始しました。
取扱説明書などの図だけでは伝わりにくかった施工方法が、
実際の商品を使った映像で確認できるので、分かりやすくなっています。
ぜひ、ダウンロードして、ご利用下さい。
(※ダウンロードしていただくためには、会員登録が必要です。) 

 

こちらから→http://www.unison-net.com/download/login.php