※取り扱い地区が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

開発STORY vol.25 『サイン(表札):ノーチェ』

みなさま こんにちわ。
ゴールデンウィークもあっという間に終わり、日常が始まりました。

次の祝日は7月の『海の日』までなく、その間70日だそうです。
また、最近はストレスフルの世の中で『五月病』という言葉が

消えてしまっているそうです。
5月の新緑を眺めつつみなさまリフレッシュしてくださいね。

 

さて、今回は先月4月に発売になったサイン(表札)のお話です。
今回ユニソンはサイン(表札)のライナップを充実させました。
その中でも開発者・澤のオススメ☆は『ノーチェ』です。

----------では、早速『ノーチェ』の特徴を教えて下さい。

 

ノーチェは、ユニソンが今まで扱ったことのなかった素材(アルミ鋳物)でつくられています。
アルミ鋳物の特徴は 何といっても立体的な形状がつくれること!!
この特徴を活かしたサインとすることを意識してつくりました。

 

そのためノーチェの表面は布目の細かな凹凸意匠を再現しています。
ポコポコとした手触りはインテリアクロスをモチーフにしました。
それだけでは立体感がでないため、縁を「丸く」(=フィレット)したり
一段高く」(=フランジ)することで形に動きを出しました。

 

----------確かに、この凹凸がとても柔らかくアルミ素材とは思えない

        温もりを感じますね。どんな方法で成形しているのですか。

 

 

ひとつひとつ型を手づくりし、そこに溶けたアルミを流し込んで成形します。
構想段階では脱型できないのでは!?という危惧もあったのですが、
無事に脱型され無事形になりました。 
ネーム部分は本体と一体成形した "凸文字" となっています。

 

 

 

----------なるほど。アルミ鋳物が立体的な形状をつくるのに優れているために

         この凹凸を楽しめるのですね。
                 ではなぜ、インテリアクロスをモチーフにしたのですか。

 

 

ノーチェは、マーナ・ディアとともに "cafe style" をテーマとしたサインです。
"cafe style" サインは それぞれ cafe から選び出したモチーフを元に、
人が集まりたくなる居心地の良い雰囲気づくりができるサインを目指しています。
その中でノーチェは、人がくつろぐ時いつもそばにある 温かくて柔らかな布の意匠を
モチーフとして選びました。

 

 

マーナディアはこんな商品です↓

----------そう言われると色もクロスのようですね。
        他に候補に挙がった色はありましたか。

 

 

 「ホワイト・アイボリー・ブラウン・ブラック・シルバー(アルミ色)」の5色を検討した中で
 カフェの温かい雰囲気をイメージして「アイボリー」と「ブラウン」に決定しました。
 アイボリーやブラウンは、ホワイトやブラックと比べて柔らかい雰囲気をつくることに
 長けた優しい色です。布目のテクスチャとも相性抜群ではないでしょうか。
 
 もう一つの検討色「シルバー(アルミ色)」ですが、
 こちらは布目テクスチャと合わさった時に金網を連想させる硬質な印象となって
 しまったため不採用になりました。

 


----------確かに、「シルバー(アルミ色)」で硬質なイメージになってしまうのは

        残念ですね。
        さて、この柔らかい優しい印象が特徴の『ノーチェ』どのような素材や

        門柱と合わせてシーンをつくってもらいたいですか。

 

 

緑に囲まれた 陽の光が燦々と降り注ぐ庭先で 友人を招いて家カフェを楽しむような
お家の顔にして貰えたら嬉しいです。
ノーチェのテクスチャは柔らかい布目意匠なので、レンガなどの温かみのある素材と
相性が良いのではないでしょうか。

それ以外にも、側面部にはアルミ素材のシルバー色を残しているため、
ティレットアリィやフォルガアリィといったアルミ製の門柱とも美しくコーディネートできます。

 

実はこの側面部の無塗装での仕上がりは偶然の産物なんです。

テクスチャーサンプルを作成する時に、特に側面の仕上げを指定せずに作成した

ところ、無塗装で仕上がってきたのです。これが思いの外、アクセントとなって開発会議の中でも 「意外と側面は無塗装の方がカッコイイね♪」となり商品となったのです。

 

こうして出来上がったノーチェですが、柔らかいだけではないサイン(表札)に仕上がったと思っています。

 

 


----------そうですね。
        大阪ショールームにもティレットアリィ/ラスティックブラウンに
        ノーチェワイドフランジ/ブラウンをコーディネートしていますが
        好評ですよ。

         今回、ノーチェを含めマーナ・ディアを"cafe style”として発売されましたが
        どんな想いを込めましたか。

 

 

"cafe style" は、人と人との繋がりをとりわけ大切に考えている現代の私たちに

向けてつくりました。表札は毎日家族を見守り、休日には友人を出迎える

我が家の大切な顔です。
"cafe style" のサインは、温かな雰囲気をまとわせることで
人が集まる居心地の良い雰囲気づくりのお手伝いができるよう想いをこめました。

 

そして、"cafe style" サインには、ショップカードの縦横比が忍ばせてあります。
ノーチェは「ティレットアリィファミアージュスマートフレンテ」といったスリムな

ユニットウォールにも合わせやすいよう横幅を150㎜とし、ショップカードの

縦横比となるよう高さを90mmに設定しました。
正面から見るとやや小ぶりなサインですが、厚みがあるため程よいボリューム感

となります。また、大きめの門柱を施工されるお客様向けに150*150㎜サイズも

ラインナップしています。

 

 

 

----------テクスチャーやサイズ随所にそのこだわりがちりばめられていますね。
                 最後にこのブログをお読みの方にメッセージをお願いします。

 

 

"cafe style" のサイン(マーナ・ディア・ノーチェ)の名前は、それぞれスペイン語で

「朝・昼・夜」の意味です。

「朝」は清々しい目覚めのイメージ、「昼」は活動的なイメージ、

そして「夜」はくつろぎのイメージです。

 

ノーチェは「」という意味です。
陽が落ち夜のとばりが下りるころ、温かな照明の光に照らされたノーチェは
柔らかな布目の意匠をひと際 立体的に浮かび上がらせ、

くつろぎの我が家にあなたを出迎えます。
そんな想いを込めて誕生させました。

ぜひ、我が家の顔の一部としていただけたら嬉しく思います。

 

 


----------ありがとうございました。
        マーナ・ディア・ノーチェはスペイン語だったのですね!

        少し、賢くなりました。

 

 

みなさま、いかがでしたか。みなさまのお家の一部として『ノーチェ』を

ご検討されませんか。

 

名古屋・大阪ショールームでは実際の商品を手に取ってご覧いただけます。
また、ユニソン表札シミュレーションにも追加されています。
一部対応してない表札、書体もありますが画面上でみなさまのお名前が
どうレイアウトされるかを確かめてみて下さい。
そしてみなさまのお家の顔としてお役に立てればうれしく思います!