※取り扱い地区が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

2012年01月

2012年

1月

20日

開発STORY Vol.23 『Roji/ロジ』

みなさま、こんにちわ。
新年が明けて、『2012年が始まった!』のがついこの前のような
気がしますが、もう1月も半ばを過ぎました。

明日は「大寒」一年でもっとも寒くなる日ですが、

そろそろ寒さではなく春の訪れを感じたいものですね。

 

さて、今回は久しぶりの「開発STORY Vol.23」をお送りします。
昨年、10月に発売になった『Roji/ロジ』です。
開発担当である商品企画課 増渕に話を聞きました。

 

--------では早速、今回瓦素材のRoji/ロジですが、
      どのような開発コンセプトで開発したのですか。

 

 

最近の住宅事情、特に大都市近郊では狭小地での分譲が加速しています。

そのため、様々な資材やアクセントを盛り込むスペースが

少なくなってきているのが、現状です。


そんな、限られた予算とスペース内でも
他のひととは違う、私らしい庭”“コンパクトなスペースでも印象的な庭
を求められる声が大きくなってきています。
そんなリクエストに応えるには、より効果的に視線を集める
フォーカルポイント」を作り出す為の素材が必要となっています。


今回は「現代の和」を紡ぎだす素材のひとつとして、『Roji/ロジ』を開発しました。
住宅自体のデザインがシンプルになってきている今だからこそ
完成度の高い「現代の和空間」を作っていただけると考えています。

 

 

----------なるほど。「現代の和空間」ですね。

        その中でも、『Roji/ロジ 黒鈍(くろにび)』は、イブシ瓦特有の銀色の
        皮膜がないマットな仕上がりですが他と何が違うのですか。

 

 

通常の一般的なイブシ瓦は、表面が銀色の炭素皮膜でコーティングされています。
しかし、この銀色の瓦の雰囲気だと伝統的な和の印象を強くし過ぎてしまう

恐れがあります。


「現代の和空間」に使うのであればマットな黒色の仕上げがふさわしいと考えました。

そのため一般的なイブシ瓦とは違った作り方をしました。 


それだけではなく、『Roji/ロジ 黒鈍(くろにび)』のマットな黒色には、

見た目の良さだけでなく機能的なメリットもあります。
油汚れや引っかき傷が目立たないという点です。
施工の際には重要なポイントかと思います。

 

続きを読む

2012年

1月

01日

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年は、東日本大震災という未曾有の自然災害に見舞われました。
被害に遭われた方の一日も早い復旧と復興をお祈り申し上げます。

 

 

ユニソンでは、今年もみなさまの「自分らしさ」をカタチにする
お手伝いができるような商品をご提案してまいります。

 

この『ユニソン ガーデンエクステリア ブログ』でも、
新商品情報はもちろんのこと、フォトコンテストや

ガーデンエクステリアデザインセミナーなどのイベント・キャンペーン情報、
そして毎年春ごろ発刊しているガーデンエクステリア商品総合カタログの
ご案内など、皆さまに役立つ情報を選りすぐっていち早くお届けしていきます。


今年もみなさまにとってより明るい年となりますようお祈り申し上げます。
ガーデンエクステリアブログをご愛読いただきます様、お願い致します。

 

 

 

また、厳選した施工事例を営業担当者がお届けする
『ユニソン 施工例フォトブログ』もぜひ、ご愛読いただければ幸いです。
http://www.unison-sekoublog.com/

 

 

 

☆2012年1月6日(木)より通常営業致します。