※取り扱い地区が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

「ガーデニングワールドカップフラワーショーinナガサキ2011」開催中!

みなさま。こんにちは。

今回は『ガーデニングワールドカップ』のご案内です。

 

みなさま、ご存知ですか。現在、長崎のハウステンボスで
ガーデニングワールドカップフラワーショーinナガサキ2011
というイベントが開催されています。

これは、世界最古にして最も権威のあるガーデニング&フラワーショーである
「チェルシーフラワーショー(英国)」ゴールドメダリストをはじめ、
世界各国からトップガーデナーが集結する「花と緑の祭典」です。
一年に一度、ここでしか見られない世界最高峰のガーデナー達による競演です。

 

なんと、今回のこのショーでユニソン福岡支店のお客様である㈱ネーブルグリーン
平井征喜氏がスモールガーデン部門(アートガーデン)で銅賞を受賞されました!

春先の予選では弊社のコッツランドストーンをご使用いただいた作品で3位となり

今回本選に進まれました!


㈱ネーブルグリーン 平井征喜氏はユニソンのフォトコンテスト2008年でも
プライベートガーデン部門でシルバー賞を受賞されている方です。
その他では近県のホテルや結婚式場、北海道 東北 沖縄までゴルフ場および
リゾートの設計施工や都市開発等の空間設計等をされており、
イングリッシュガーデンにおいては九州の第一人者の方です。

 

また、オープンガーデン北九州の理事長を務められておられます。

『オープンガーデン』とは、丹精込めて造り育てた個人の庭を期間を決めて

一般公開することを指し、70年前にガーデニングの本場イギリスで始まりました。
地域の活性化だけでなく、美しい街づくりの推進に大いに貢献し得るものとして、

北九州においても庭好きな方々の要望と応援を得て発足されました。

10周年を迎えられた今年【NPO法人オープンガーデン北九州】となりました。

こちらの作品のコンセプトです。

 

「人の心の中にある森」

  人は進化する代償として自然を失ってきた。

再生とは緑や花を増やすことではなく、人間の中に遠い記憶をよみがえらせること。

自然と共存する本来の意味は、自然を愛する心を持ち続けること。
この作品で自然を物語のように描くことで、庭の持つ本来の

意味を深く感じて欲しい。

自然を造り上げるのではなくお互いが共存する姿を感じて頂きたい。

 

訪れた弊社の担当者も実際の森の中でこういったシーンが 

あるように錯覚しまうようであると言っています。

 

ガーデナーとの記念撮影!
ガーデナーとの記念撮影!

秋の行楽シーズン!

長崎にお出掛けになるご予定がある方はぜひ足を延ばされてはいかがでしょう。

ハウステンボスの自然に囲まれ日々のお疲れが癒され穏やかに。

いつもは厳しい弊社取締役。でもバックに花や風車が広がると穏やかに見えたり・・・して!?
いつもは厳しい弊社取締役。でもバックに花や風車が広がると穏やかに見えたり・・・して!?

■会場
ハウステンボス内 パレス ハウステンボスおよびアートーガーデン
〒859-3292 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1

 

■会期
2011.10月8日(土)~11月6日(日)
 
■営業時間
 9:00~21:00(入場締切20:00)

 

ガーデン構成
ショーガーデン (場所:パレスハウステンボス)
 参加ガーデナー 全10組
ニコ・ウィッシング(オランダ)、ジョン・カレン(アメリカ)、
ジム・フォガティ(オーストラリア)、デイビッド・ダビットソン(南アフリカ共和国)、
ジョナサン・デンビー(イギリス)、サラ・エバール(イギリス)、
ジョー・トンプソン(イタリア)、リム・イン・チョング(アレーシア)、
石原和幸(日本)、藤原良治(日本)

 

スモールガーデン (場所:アートガーデン)
参加ガーデナー 全6組
アヌーク・ボーゲル(スイス)、ジン・ヂャ・チャオ(中国)、
ディミトリ・セナキス&マロ・アヴラボウ(フランス)、
グエン・マン・フン(ベトナム)、上戸則幸(日本)、平井征喜(日本)